スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

小児科受診 (2010.9.29 1歳11ヶ月)

 2010-09-29
久しぶりの受診。特に、経過も変わりなく。
負荷サボリ中だったので、大きく摂取限度量も変化せず。
(牛乳9cc、うどん15センチ←今日焦って増やした

里帰り前に、飲み薬・塗り薬をまとめて処方してもらいました。

負荷はそんなに焦らなくていい時期だよぉ。って
言ってくれたので、この適当ペースでしばらくは続けていきます・・・サボリすぎ?


小チビにアレルギー用ミルクの準備が必要かどうか聞いてみたら
小チビがアレルギーとは限らないので
相変わらず「予防は意味ない」とのことで
ちっちゃくても食物アレルギーの程度がひどければ症状が出るから
もし症状が出たら、変更したらいいとのことでした。

ついでに、生後1ヶ月たたなくても、母乳から栄養分移行してアレルギー症状出ることあるよ
って素敵に脅されて
暗に「もし、症状出たら、自分で除去の判断頑張ってね」と言われているようでした


あと、里帰り中の受診先について、どうしようかなぁ・・・と不安に感じていたのですが
今日、「札幌のどこに帰るの?」と聞かれて
「?????」となっていたら
かかりつけの先生の兄弟が、なんと札幌!出身だそうで
関係あるのかないのか札幌にも医師の知り合いが多いとのこと。

「手稲。」って言ったら、近所の大きめの病院から開業した先生にも結構知り合いがいるとのことで
「○○クリニックとか・・・・」


「・・・!?」

まさに、そこは結構、実家から近いし、アレルギーの診察もしてそうだから
何かあったら受診しようかなぁ・・・と思ってたクリニックで
びっくりしすぎました

「よく会合とかでも会うし、いい先生だから、何か症状出たらかかるといいよ
とまで言っていただき
世間って狭いんだなぁ・・・と改めて。
というか、顔が広い。さすが准教授(失礼!)


そんなわけで、里帰り先の(もしもの時の)病院については
すごい安心することができました。

症状が出て病院に行って、そんでもってアレルゲン除去派の病院にでも当たったりして
「なんで症状が出るもの食べさせてるの!!
なんて言われた日には、凹むこと確実だと思ってたけど

「よく会合で会う」ってことは、そんなに大きく治療方針が違うってことはないもんね。

そんなこんなで、「ヨカッタヨカッタ」って、ちっちゃなことを長々と書いてしまった・・・
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。