スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

小児科受診 (2010.5.19 1歳7ヶ月)

 2010-05-19
先週、アレルギーの採血をして、今週 結果確認に行ってきました。

結果からいうと、またまた良くなってました



結果 ( )内は測定値
                 前々回        前回(11月)     今回  
オボムコイド(耐熱性卵蛋白)  5 (63.00)  ⇒  4 (34.30)    ⇒  3(12.80)
牛乳                2 (1.79)   ⇒  2 (0.94)     ⇒  1(0.57)
卵白               5 (59.20)  ⇒  5 (53.10)    ⇒  4(20.90)
卵黄               3 (6.95)   ⇒  3 (5.15)    ⇒  -
コムギ              3 (3.78)   ⇒  2 (1.90)     ⇒  2(1.40)
ソバ               -       ⇒   -        ⇒  0(0.34以下)


こんな感じ。
最近、負荷摂取もかなり、さぼりがちだったけど、
少ない量で反応出てしまうし、今回の結果にはあまり期待していなかったけど
こんなに下がっているとは嬉しすぎる結果でした。

俄然、負荷摂取もやる気が出てきました(笑)


しかも、今回ソバを測定してもらったけど、反応なし!!!

っていうか、ソバ食べれたら嬉しすぎるんですけど
早速10割蕎麦買ってこよっと
一応、少量から始めてね。って釘を刺されましたが(笑)
・・・えぇ、知ってますよ。 え!?、期待し過ぎてませんとも。


忙しい時は、お話が適当になりがちな先生ですが(・・失礼。)
今日は、結構空いていたので、素敵な言葉を連発してくれました


「順調に数値が下がっているから、良くなるよ。8割以上はよくなる。」

「きちんと知識もって、お母さんが頑張っているから、少しずつでも食べれるようになっているんだよ。」

「(アレルギーの)数値出ていると、怖くて食べさせられないお母さんもいるけど、頑張っているね。」

ってさ。


そんな風に言ってもらえて、認めてもらえて
ちょっと嬉しすぎて、帰り道 ホロッとしちゃいましたよ


何か、今まで、大きくなったら治るよ、って先生にも周りにも言われ続けてきたけど
半信半疑なところがあって、
なかなか負荷がうまくいかずに
気持ちが焦ってしまったりすることも多かったけど

今回、初めて、この子、みんなと同じものが食べれるかもしれない。
もうちょっとの辛抱かもしれない
って素直に思えたさ。




・・・って言っても、まだまだこの件に関しては、浮き沈みが激しそうだけどね。
母ちゃん、「焦らないで」を合言葉に頑張りますよ

ゆーたももし、大きくなっても、まだ少しアレルギーが残っていて
我慢が必要な時期が来たら、一緒に頑張ろうね
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。